サッカー日本代表候補が紅白戦 3―4―3で汗流す 

自らボールを蹴り、指示を出すザッケローニ監督(左)=千葉県内

 サッカーの日本代表候補は24日、千葉県内で合宿2日目の練習を行い、主軸のMF遠藤、DF今野(ともにG大阪)や初選出のFW山田(磐田)高橋(FC東京)らが約2時間、3―4―3の布陣での紅白戦などで汗を流した。

 ザッケローニ監督は23日の練習初日は主に守備戦術の浸透に注力したが、この日は攻撃面に比重を置いて指導。特にサイドから連動して攻め上がる形を反復した。選手たちは激しく当たり合い、代表定着へ意欲的にアピールした。


  • LINEで送る