クレーン車事故1年で級友ら献花 栃木、小学校で全校集会 

クレーン車暴走事故の現場で、手を合わせる生徒=18日午前、栃木県鹿沼市

 栃木県鹿沼市で登校中の小学4~6年の男女6人がはねられ死亡したクレーン車暴走事故から1年を迎えた18日午前、6人が通っていた市立北押原小学校で全校集会が開かれた。

 小学校の体育館に6人全員の写真を並べた献花台を設置し、全校児童約440人が犠牲者を悼んで献花。午後には保護者代表が遺族宅に花を届ける。

 この事故では、持病を隠して運転免許を取得した柴田将人受刑者(27)=自動車運転過失致死罪で懲役7年確定=が昨年4月18日朝、小学校近くの国道を運転中にてんかんの発作を起こし、意識を失った。


  • LINEで送る