元特捜検事、不起訴へ 「虚偽」捜査報告書問題 

 陸山会事件で強制起訴された小沢一郎民主党元代表(69)の捜査をめぐり、虚偽の捜査報告書を作成したとして虚偽有印公文書作成容疑などで告発された元東京地検特捜部の田代政弘検事(45)=現法務総合研究所=を、検察当局が不起訴処分とする方向で調整していることが18日、関係者への取材で分かった。

 これまでの取り調べに対し、田代検事は意図的な虚偽記載を否定。当時の上司らへの聴取でも故意を示す証拠はなく、検察当局は過失との見方を強めているもようだ。

 26日の元代表の判決を踏まえた上で最終的に判断する見通し。一方、法務省は田代検事や当時の上司に対し人事処分をする方針。


  • LINEで送る