飲酒、配慮足りなかった 松原国家公安委員長 

京都府警の安森智司本部長

 京都・祇園の暴走事故当日夜、京都府警の安森智司本部長と山形克己交通部長が署長会議後の懇親会に参加して飲酒していたことについて、松原仁国家公安委員長は17日、閣議後の記者会見で、「配慮が足りなかった」と述べた。

 松原委員長は捜査への影響については「適切に指揮し、支障はなかった」との認識を示したが、さらに事実関係を詳しく調べるとした。

 懇親会をめぐっては、府警幹部が「懇親会は中止すべきだ」と進言していたにもかかわらず、安森本部長が開催を決めていた。


  • LINEで送る