オリンパスの内部告発本出版 社員「勇気示したい」 

「オリンパスの闇と闘い続けて」を出版した浜田正晴さん=12日、東京都港区

 会社の不正を知りコンプライアンス(法令順守)窓口に通報したところ、不当な人事措置やパワハラを受けたとしてオリンパスを訴えた社員の浜田正晴さん(51)が17日、体験を基にオリンパスの内幕を記した本を光文社から出版した。

 タイトルは「オリンパスの闇と闘い続けて」で237ページ、1470円。「働く人たちに、正しいことをやり抜く勇気を示したかった」と話している。

 本によると、浜田さんは上司が取引先から社員を不正に引き抜こうとしているのを知り通報したが、逆に営業部門から専門外の部署に3度異動になった。


  • LINEで送る