仮設住宅に男女2遺体 宮城・石巻 

男女2人の遺体が見つかった仮設住宅=16日午後9時56分、宮城県石巻市

 16日午後3時55分ごろ、宮城県石巻市北村戸井場の東日本大震災の被災者用仮設住宅「仮設東北電子団地」の一室で、男女2人が死亡しているのを安否確認のため訪問した石巻署員と同市職員が発見した。

 石巻署によると、遺体は50歳前後で身長176センチの男性と、40歳前後で身長154センチの女性。同署が身元の確認を急いでいる。

 石巻市によると、2遺体が見つかった仮設住宅は市中心部から20~30分の山あいにあり、82戸ある全居室が満室という。


  • LINEで送る