栃木県で「通年議会」スタート 全国初 

 「通年議会」の導入を決めた栃木県議会で、関係条例の改正後、初めての定例会が16日に招集された。今回の会期は12月まで。来年からは1~12月とすることを各会派が合意しており、都道府県議会で初めての会期通年化が事実上スタートした。審議活性化と行政監視機能の強化が狙い。

 16日の本会議では、高橋文吉議長が「全国に先駆けた導入で、さまざまな課題に直面すると思うが、さらなる議会の活性化に努力する」と宣言。会期を12月27日までの256日間と決めた。


  • LINEで送る