前田国交相、続投の意向 「署名は軽率」と謝罪  

 前田武志国土交通相は16日、岐阜県下呂市長選の支援依頼問題の調査結果を発表し、記者会見で「依頼文書を確認せず署名したのは軽率だった」と謝罪した。一方、文書の内容や送付には関与していなかったとして「反省の上に立って職務の遂行に慎重を期したい」と強調、閣僚を辞任しない意向を示した。

 会見に先立ち、前田氏は衆院国土交通委員会理事会と参院国交委員会の理事懇談会でも調査結果を報告。出席者によると、前田氏は国交省大臣室で署名したことを明らかにし「いま読み返すと内容、宛先とも問題があった。結果責任は十分感じる」と述べた。


  • LINEで送る