名古屋市が陸前高田の中学生招待 復興支援の縁で 

岩手県陸前高田市の中学生らを招待するため、市民に寄付を呼び掛ける看板を設置した名古屋市の河村たかし市長=16日午後、名古屋市役所

 名古屋市は16日、東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手県陸前高田市の中学生や教員約130人を本年度中に招待すると発表した。名所の見学や地元中学生との交流をしてもらう。

 名古屋市は震災直後から、陸前高田市の行政機能支援のため、職員を継続的に派遣しており、こうした縁から昨年度に続いて招く。河村たかし市長は同日、記者団に「中学生たちに笑顔をプレゼントできれば」と話した。

 7月に米崎中、9月に小友中、2013年1月に第一中からそれぞれ受け入れる。費用約500万円は、市民から寄付を募る。

 11年度には寄付を約2千万円集め、約280人を招待した。


  • LINEで送る