父親、捜査打ち切り求める 立教大生殺害事件 

 JR池袋駅(東京都豊島区)で1996年4月、立教大4年の小林悟さん=当時(21)=が男に殴られて殺害された事件で、父親の邦三郎さん(66)=埼玉県春日部市=は16日、捜査終結を求める要望書を警察庁に提出した。

 事件は発生から15年の2011年4月に公訴時効を迎える予定だったが、10年の改正刑事訴訟法で殺人などの時効が廃止され、捜査は継続。邦三郎さんは「過去にさかのぼって法律が適用されるのは原則に反する」などとして、捜査の打ち切りを求めることを決めた。


  • LINEで送る