ひき逃げの給水課主事を停職 神奈川県三浦市 

 神奈川県三浦市は16日、休日に乗用車で人身事故を起こしたのに通報せず逃げたとして、給水課の男性主事(29)を停職2カ月の懲戒処分とした。

 市によると、主事は昨年10月、同県横須賀市内の県道を運転中に対向車線にはみ出し、乗用車と接触。乗っていた2人に頸椎捻挫などのけがをさせて逃走した。

 車のナンバーから主事の車と分かり、今年3月に道交法違反(ひき逃げ)などの罪で横須賀区検が略式起訴。4月3日に横須賀簡裁が罰金50万円の略式命令を出した。

 主事は市の調査に「気が動転して立ち去ってしまった」などと話しているという。


  • LINEで送る