谷垣氏、公債法案に反対 国交相の特定候補支援も追及 

共同通信社のきさらぎ会で講演する自民党の谷垣総裁=16日午前、東京都内のホテル

 自民党の谷垣禎一総裁は16日、都内で開かれた共同通信のきさらぎ会で講演し、2012年度予算の財源を裏付ける公債発行特例法案について「賛成する論理を見つけるのは容易ではない」と反対の意向を表明した。同法案は野党協力のめどが立たず衆院採決が見送られている。谷垣氏は衆院解散・総選挙に追い込むカードにしたい考えだ。

 前田武志国土交通相が岐阜県下呂市長選告示前に特定の候補予定者の支援を依頼したとされる問題でも、野田政権を徹底追及する考えを示した。

 谷垣氏は公債法案に関し、社会保障や行政改革への対応が十分に反映されていないと批判した。


  • LINEで送る