河村市長、再稼働要請を批判 「なめている」 

河村たかし名古屋市長

 名古屋市の河村たかし市長は16日、市幹部を集めた会合であいさつし、政府による関西電力大飯原発(福井県)の再稼働要請について「名古屋市を含め、われわれをなめている」と批判した。

 河村氏は、東京電力福島第1原発での事故の原因特定が十分に行われていないと指摘。その上で、福井県の原発で事故が起きた場合に「東海地方の水源である木曽川上流が放射性物質で汚染される可能性がある」と述べた。

 脱原発を掲げる河村氏は昨年8月、福井県の関電美浜原発(美浜町)などを視察。原子力安全・保安院や関電に対し、事故時の放射性物質の拡散想定を明確にするよう要請した。


  • LINEで送る