北朝鮮「失地回復へ核実験も」 防衛副大臣、テレビ番組で 

 渡辺周防衛副大臣は14日午前の読売テレビ番組で、人工衛星と称する長距離弾道ミサイルの発射実験に失敗した北朝鮮に関し、「失地回復のため、強引に核実験をやる可能性がある」と述べ、その動向を注視する考えを示した。

 同時に「今は差し迫った状況にないが、この後は分からない」と指摘。韓国が目指す海上に落下したミサイルの回収をめぐり「北朝鮮が妨害して軍事的緊張が高まることも考えないといけない」と述べた。

 ミサイル発射の熱源を探知する米軍の早期警戒衛星の情報が政府に入った時点で速やかに公表しなかったことについて「何が発射されたかの確認に正確を期した」と述べた。


  • LINEで送る