中国で最古のシーラカンス 4億年前から同じ姿 

  • LINEで送る

 中国雲南省の約4億年前(デボン紀)の地層から、古代魚シーラカンスの最古の頭部化石を見つけたと、中国科学院など米中のチームが10日、英科学誌ネイチャーコミュニケーションズ電子版に発表した。骨は「生きた化石」と呼ばれる現代のシーラカンスと似た特徴を持つという。

 シーラカンスは約3億8千万~3億9千万年前からその姿をほとんど変えていないとされるが、約4億年前も主な構造がほぼ同じだったことが分かった。

 チームは雲南省北部の砂石層で、2009年と11年に鼻の部分などを含む頭部の化石を2個発見。