京セラが鹿児島にメガソーラー 7万キロワット 

  • LINEで送る

京セラが鹿児島市に建設するメガソーラーの完成予想図

 京セラは10日、国内有数の規模となる出力7万キロワットの大規模太陽光発電所(メガソーラー)を、鹿児島市に建設する検討を始めたと発表した。ソフトバンクは北海道苫小牧市の東部に少なくとも20万キロワット級になるメガソーラーの建設を計画しているが、それに次ぐ大きさとなる。京セラは太陽電池の供給に加え、発電システムの設計などを一括して手掛け、収益向上につなげる。

 計画によると、建設予定地はIHIの所有地で、約127万平方メートルと東京ドーム約27個分に当たる広さ。京セラが生産した太陽電池約29万枚を設置する。