ソニー、過去最大の赤字に 純損失5200億円  

  • LINEで送る

2012年3月期連結決算についての会見で、厳しい表情を見せるソニーの加藤優CFO=10日午後、東京都港区

 ソニーは10日、2012年3月期連結決算で、純損益の赤字額が従来予想の2200億円から5200億円に拡大するとの見通しを発表した。純損失計上は4年連続で、赤字額は同社で過去最大となる。

 主力市場の米国でテレビ事業などの不振が続き、将来の収益を見込んだ「繰り延べ税金資産」に対して巨額の損失計上を迫られたことが主因。

 電機各社の12年3月期連結決算では、パナソニックが7800億円、シャープも3500億円を超える純損失をそれぞれ予想。国内テレビ大手は総崩れの状態となっている。