日銀、追加緩和見送り ゼロ金利政策は維持 

  • LINEで送る

日銀本店で開かれた金融政策決定会合。中央は白川総裁=10日午前

 日銀は10日開いた金融政策決定会合で、政策金利を0~0・1%とするゼロ金利政策の維持を全員一致で決めた。市場では追加金融緩和に踏み切るとの観測も出ていたが、実施を見送った。

 景気の現状は「なお横ばい圏内にあるが、持ち直しに向かう動きがみられている」と分析し、判断を据え置いた。

 日銀が2日公表した3月の企業短期経済観測調査では、大企業製造業の業況判断指数が前回調査と同じマイナス4にとどまり、事前の市場予想を下回った。政府・与党内からは日銀に追加金融緩和を求める声が強く、日銀が国債などの資産を買い入れるための基金を増額するとの見方が市場で強まっていた。