シャープ3月期、赤字幅拡大へ 3500億円超 

  • LINEで送る

 シャープの2012年3月期連結決算の純損益が、3500億円を超える赤字になる見通しとなったことが10日、分かった。2900億円の赤字だったこれまでの予想より下振れする。液晶テレビの価格下落が想定以上に進んだことや、太陽電池事業の不振などが響く。

 シャープは、世界的な液晶パネルの供給過剰などで、大型液晶パネルを生産する堺工場(堺市)の稼働率が5割程度まで落ち込んでおり、主力の液晶事業の業績悪化が深刻になっている。

 液晶テレビ販売は、国内では地上デジタル放送への移行に伴う特需の反動で需要が低迷しており、採算が一段と悪化したもようだ。