大阪府・市、原発再稼働で8条件 100キロ圏自治体と協定を 

  • LINEで送る

関西電力大飯原発(右から)3号機、4号機=3月、福井県おおい町

 大阪府と大阪市でつくる府市統合本部のエネルギー戦略会議は10日、大阪市内で会合を開き、関西電力の大飯原発3、4号機(福井県)の再稼働などに際し、原発から100キロ圏内の自治体との安全協定締結など8条件を固め公表した。

 「独立性の高い原子力規制庁の設立」「使用済み核燃料の最終処理体制の確立」なども盛り込み、大飯3、4号機の再稼働に向け、安全性を事実上確認した政府側には高いハードル。今後の政府の判断にも影響を与えそうだ。

 8条件は(1)安全基準を根本から作り直す(2)新安全基準に基づく完全な安全評価(ストレステスト)の実施(3)電力需給の徹底検証―など。