東京円、81円台後半 円売りドル買いが優勢 

  • LINEで送る

 10日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=81円台後半で取引された。

 午前10時現在は前日比51銭円安ドル高の1ドル=81円82~83銭。ユーロは99銭円安ユーロ高の1ユーロ=107円31~33銭。

 市場では、日銀が近く追加金融緩和を実施するとの観測もあり、朝方から円を売ってドルを買う動きが優勢となっている。

 前週末発表の米雇用統計が市場予想を下回り、9日には一時1ドル=81円台前半まで円高が進行。ただ、日銀の政策を見極めたいとのムードも根強く、「一方的な円高は起こりにくい」(大手銀行)との声もあった。