フリーズドライ精子でラットの子 京大が成功、5年保存後 

  • LINEで送る

フリーズドライ精子で生まれたラットとガラス容器に入ったフリーズドライ精子(容器の底の白い部分)(金子武人京都大特定講師提供)

 フリーズドライ(凍結乾燥)技術を使って冷蔵庫で5年間保存した精子を卵子と受精させ、子を誕生させることに京都大医学研究科のグループがラットで成功し、10日付の米オンライン科学誌プロスワンに発表した。

 3年間保存したマウスの精子でも成功。マウスでは約3カ月間なら室温(25度)で保存できた。

 グループによると、東日本大震災では電源が喪失して研究施設の冷蔵庫が使えず、細胞が無駄になった例があった。今回の手法は多様な細胞に応用でき、金子武人特定講師(生殖工学)は「災害や事故から守れる新たな方法。人や畜産動物でも活用が期待できる」としている。