内村航平、新たな技を披露 五輪選考会の全日本体操 

 体操のロンドン五輪代表第2次選考会を兼ねた個人総合の全日本選手権(7、8日・国立代々木競技場)の公式練習が5日に行われ、代表に決まっている男子の内村航平(コナミ)や女子で2大会連続の代表を目指す鶴見虹子(日体大)らが器具の感触を確かめた。

 内村は第1日にあん馬、平行棒、鉄棒の3種目のみに出場し、高難度の演技構成を試す予定。練習では鉄棒で新たに入れた離れ技「リューキン」を披露した。

 鶴見は1月に左手甲を亀裂骨折した影響で難度を下げた構成。

 3きょうだいで代表を狙う女子の田中理恵(日体大研究員)は「ピンクパンサー」と映画「007」の音楽を使った床運動を初公開。


  • LINEで送る