競泳の北島、4位で準決勝へ 日本選手権第4日 

男子200メートル平泳ぎ予選 4位で準決勝に進んだ北島康介=東京辰巳国際水泳場

 競泳のロンドン五輪代表選考会を兼ねた日本選手権第4日は5日、東京辰巳国際水泳場で行われ、男子200メートル平泳ぎ予選で昨年の世界選手権銀メダリスト、北島康介(日本コカ・コーラ)は2分11秒91のタイムにとどまり、4位で夜の準決勝に進出した。北島は100メートルを日本新記録で制して既に4大会連続の五輪出場を決めており、2種目での代表を狙う。決勝は6日。

 17歳の山口観弘(志布志DC)が2分10秒99でトップ。同じく100メートルで五輪代表入りした立石諒(NECグリーン)は2分11秒06で2位、冨田尚弥(チームアリーナ)は7位だった。


  • LINEで送る