光星学院5―2愛工大名電 光星学院が八回に勝ち越す 

光星学院―愛工大名電 8回裏光星学院2死二、三塁、大杉が中堅へ決勝の3点ランニング本塁打を放つ。投手浜田、捕手中村=甲子園

 七回に城間の適時打で追い付いた光星学院は八回、村瀬の二塁打、北條の死球と盗塁で2死二、三塁とし、大杉が中堅へのランニング本塁打を放って3点を勝ち越した。城間、金沢の継投で2点に抑え、終盤の攻撃につなげた。

 愛工大名電は六回にリードしたものの七回以降は1安打。浜田は11三振を奪ったが、終盤は持ち前の制球が甘くなった。


  • LINEで送る