兵庫、学校や病院を全面禁煙に 条例可決、全国2例目 

 学校や病院での喫煙を全面禁止とする兵庫県の受動喫煙防止条例が19日、県議会で可決、成立した。厚生労働省によると、同様の条例は神奈川県に次いで全国2例目。2013年4月1日に施行される。

 兵庫県は当初、デパートやホテル、飲食店など民間施設にも全面禁煙を義務付けることを検討したが、業界団体の反発を受けて分煙の義務付けにとどめるなど規制内容は大幅に後退した。

 分煙設備の導入期間を考慮し、民間施設への条例適用は14年4月とした。違反した事業者には勧告し、従わない場合は30万円以下の罰金。禁煙区域で喫煙した人にも2万円以下の過料を科す。


  • LINEで送る