保守会社の4人の書類送検 エレベーター落下事故 

 東京メトロ有楽町線平和台駅(東京都練馬区)のエレベーターで昨年7月、金属製ロープ3本が破断してかごが落下、乗っていた女性が軽傷を負った事故で、警視庁捜査1課は19日、業務上過失傷害の疑いで、保守点検を担当する三菱電機ビルテクノサービス東京支社練馬営業所長(50)ら4人を書類送検した。

 捜査1課によると、2010年9月の法定点検でかごをつり下げる3本のロープ(直径1センチ)すべてにさびが見つかり、昨年3月までに交換するよう指摘されていたのに従っていなかった。


  • LINEで送る