小沢元代表側が最終弁論、結審へ 陸山会事件、無罪を主張  

 資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる収支報告書虚偽記入事件で、政治資金規正法違反罪で強制起訴された民主党元代表小沢一郎被告(69)の第16回公判が19日、東京地裁(大善文男裁判長)で開かれた。弁護側が最終弁論であらためて無罪を主張し、午後に元代表が最終意見陳述をして結審する。

 元代表は「報告書作成や土地購入は元秘書に任せており、報告を受けたことはない」と一切の関与を否定。検察官役の指定弁護士は「共謀は明らか」と禁錮3年を求刑しており、判決は4月26日を軸に調整されている。


  • LINEで送る