閉店後の回転すし店に強盗 熊本、百数十万円奪う 

 19日午前1時ごろ、熊本市画図町重富の回転すし店「スシロー熊本はません店」の事務所に男が押し入り、男性副店長(25)に刃物のようなものを見せながら「売上金を出せ」と脅迫、副店長が金庫から出した現金百数十万円を奪って逃げた。副店長にけがはなかった。熊本東署は強盗事件として男の行方を追っている。

 熊本東署によると、男は20代ぐらいで身長約170センチ。黒いフルフェースのヘルメットをかぶり、迷彩柄ジャンパーを着ていた。店は18日午後11時ごろ閉店し、店内には副店長1人が残っていた。


  • LINEで送る