職質中、乗用車にはねられ死亡 運転の男子学生を逮捕 

 18日午前0時10分ごろ、東京都清瀬市中清戸の都道で、職務質問をしていた警視庁東村山署地域課の高畑佳典巡査長(30)が乗用車にはねられ、搬送先の病院で死亡した。

 東村山署は、自動車運転過失傷害の疑いで、運転していた同市に住む私立大1年の男子学生(19)を現行犯逮捕した。同過失致死容疑に切り替え、詳しい事故原因を調べる。

 同署によると、巡査長は同僚の巡査部長と、無灯火で走っていた自転車に職務質問するため、パトカーを降りた際、はねられたという。男子学生は「(パトカーに)気付かなかった」と話している。


  • LINEで送る