富山、カドミウム汚染農地が復元 イタイイタイ病 

  • LINEで送る

「イタイイタイ病」が発生した神通川の流域=16日、富山市で共同通信社ヘリから

 富山市・神通川流域で四大公害病の一つ「イタイイタイ病」を引き起こしたカドミウムによる土壌汚染で、農地の土を入れ替える富山県の作業が終了し、17日、完工式が同市婦中町で行われた。1979年度の開始から33年に及んだ国内最大規模の農地復元事業が完了。対象となった神通川流域の計863ヘクタールの全地域でコメの作付けが可能になり、農地としてよみがえった。

 多くの被害者が出た国内初の公害病の風化と、再発をどう防ぐかが今後問われることになる。

 事業の対象面積は東京ドームのほぼ185個分に相当。費用407億円を原因企業の三井金属や国、県などが分担。