高齢母と障害の息子病死 横浜で昨年末、孤立死か 

 横浜市旭区中希望が丘の住宅で昨年12月、2人暮らしをしていた母親(77)と重い障害のある息子(44)が病死しているのが見つかったことが17日、旭署への取材で分かった。息子の世話をしていた母親が先に倒れ、周囲が気付かないまま2人が「孤立死」したとみられる。

 旭署によると、息子が以前通所していた福祉施設の男性職員が電話に出ないのを不審に思い、昨年12月6日に自宅を訪問。無施錠のトイレの窓を開けて、息子が室内で倒れているのに気づき、110番した。駆けつけた署員が台所で倒れている母親も見つけた。

 息子は体が不自由で知的障害もあり、1人で歩いたり食事したりできなかった。


  • LINEで送る