飛散距離は10分の1程度 チェルノブイリと比較 

 文部科学省は13日、東京電力福島第1原発事故で放出されたセシウムやプルトニウムなどの放射性物質が飛散した距離は、1986年のチェルノブイリ原発事故の10分の1程度だったと発表した。

 文科省の担当者は「チェルノブイリ事故では原子炉を覆うふたが割れて吹き飛ぶなどしており、福島の事故とは違うためだろう」としている。

 放射性物質の放出量は、福島の事故はチェルノブイリ事故の数分の1から10分の1程度とされている。文科省は放射性物質が広がった面積は比較が困難としている。


  • LINEで送る