サッカー天皇杯出場懸け 7日千葉県選手権決勝 順大-B浦安

VONDS市原との準決勝で先制ゴールを決めて喜ぶ順大・山埼(中)=4月24日、第一カッターフィールド
VONDS市原との準決勝で先制ゴールを決めて喜ぶ順大・山埼(中)=4月24日、第一カッターフィールド
3年ぶり5度目の優勝がかかるブリオベッカ浦安イレブン=4月3日、ブリオベッカ浦安競技場
3年ぶり5度目の優勝がかかるブリオベッカ浦安イレブン=4月3日、ブリオベッカ浦安競技場

 サッカーの第102回天皇杯全日本選手権の千葉県代表を決める第27回千葉県選手権(県サッカー協会主催、千葉日報社など共催)決勝は7日に第一カッターフィールドで行い、順大(関東大学リーグ1部)とブリオベッカ浦安(関東リーグ1部)が対戦する。

 順大は2年連続12度目の優勝と天皇杯出場を目指す。昨年は天皇杯でJ1のFC東京などを破り3回戦へ進んだ。今大会は準決勝でVONDS市原を1-0で撃破した。ブリオベッカ浦安は3年ぶり5度目の優勝が懸かる。準決勝は不戦勝だった。

 千葉県代表は22日の天皇杯1回戦で茨城県代表と対戦する。


  • LINEで送る