習志野 完封喫し準V 【第62回春季関東地区高校野球大会】

 第62回春季関東地区高校野球大会最終日は19日、水戸市民球場で決勝を行い、本県の習志野は0-4で浦和学院(埼玉)に敗れ、初優勝はならなかった。浦和学院は2年連続3度目の優勝。

 習志野は三回に失策で先制を許し、中盤にも失点。打線も4安打無得点に終わった。

■宮内が2安打

 4安打に終わった習志野打線で、宮内和也が2安打と気を吐いた。一回に中前打で先制機をつくると、第2打席では強烈な投手強襲打。「ミートして、セン ター中心に打とうと思っていた」。思い通りのバッティングで準決勝に続き複数安打を放った。

 昨夏から公式戦に出場し、ことしは遊撃手のレギュラーの座をつかんでいる2年生。準優勝に「あと一つ勝ちたかった」と声を落としたが、「高校に入って初 めての大きな大会で緊張感が違った」と初の関東の舞台で経験を深めていた。

▽決勝(水戸市民)

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
習志野(千葉) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 1
浦和学院(埼玉) 0 0 1 0 2 1 0 0 X 4 10 0

(習)高橋-山下

(浦)萩原大、南-久保

▽二塁打 福田(習)久保、星(以上浦)

 【評】習志野が完敗。3回、失策で先制点を献上。5回に相手3番の右翼への2点二塁打で追加点を許し、6回は犠飛で4点目を失った。打線は1回1 死満塁 の先制機を逸すると、5回は連続四球に盗塁を絡め無死二、三塁としたが後続が3者連続三振。本塁が遠く、高橋を援護できなかった。

 浦和学院は4回以外毎回の10安打。5回から登板した2番手の南が威力ある直球を武器に6奪三振と好投し、守備も無失策と安定していた。

■意地見せた水野

 習志野の水野聡が意地を見せた。九回2死から代打で送り出されると、初球の真っすぐをセンター前へ。チームが相手2番手右腕から放った唯一の安打に「変 化球のストライクが入ってなかったので、ストレートを狙っていた。思い切りいけた」と振り返った。

 背番号5を付けるが、この日はベンチスタート。代わりに三塁で先発出場した藤井拓也は同じ木刈中の後輩。「出られなくて悔しかった。(藤井への)意識は すごくある」。最後で存在感を示し「自分にとってプラスになる」と喜んだ。


  • LINEで送る