【速報】千葉学芸が初優勝 センバツ出場の専大松戸を破る 春季千葉県高校野球大会最終日

千葉学芸―専大松戸 1回表千葉学芸1死三塁、有薗が右中間へ先制適時二塁打を放つ=県総合SC
千葉学芸―専大松戸 1回表千葉学芸1死三塁、有薗が右中間へ先制適時二塁打を放つ=県総合SC
千葉学芸―専大松戸 1回裏専大松戸1死一、三塁、山口のスクイズで三走吉岡が生還。捕手佐藤=県総合SC
千葉学芸―専大松戸 1回裏専大松戸1死一、三塁、山口のスクイズで三走吉岡が生還。捕手佐藤=県総合SC
専大松戸を破り初優勝を決め喜ぶ千葉学芸ナイン=県総合SC
専大松戸を破り初優勝を決め喜ぶ千葉学芸ナイン=県総合SC

 第74回春季千葉県高校野球大会最終日は4日、県総合スポーツセンター野球場で決勝が行われ、千葉学芸が今春の選抜大会に出場した専大松戸を8―2で破り、初優勝を飾った。

 千葉学芸は一回に有薗の先制二塁打などで2得点。裏で追い付かれたが、二回に鈴木結の適時打で再びリード。六回には2死から3番有薗と4番板倉の連打で1点を加え、4―2の八回に4点を奪い突き
放した。17安打を放ち、北田が3試合連続完投で5安打に抑えた。

 専大松戸は0―2の一回、大森の適時打と山口のスクイズで同点としたが、二回以降打線が沈黙した。

 両校が出場する春季関東大会は山梨県で15日に開幕する。


  • LINEで送る