県船橋39年ぶり8強 学館浦安は木総破る 春季千葉県高校野球大会第3日

 第74回春季千葉県高校野球大会第3日は30日、県総合スポーツセンター野球場など4会場で3回戦8試合が行われ、8強が出そろった。県船橋は東海大市原望洋を10-5で破り、1982年以来39年ぶりに準々決勝進出を決めた。

 東京学館浦安は昨年夏秋優勝の木更津総合を8-6で撃破。4-5の八回に4得点し逆転した。市船橋もシードの八千代松陰に5-3で勝利した。習志野は日体大柏を下し、千葉学芸と専 ・・・

【残り 1731文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る