72歳持丸監督も破顔 「コロナ禍、頑張ったご褒美」 専大松戸で甲子園初勝利へ

 4月で73歳の誕生日を迎える持丸修一監督は「コロナ禍で頑張ったご褒美が甲子園。この学校の校歌を歌いたいね」。専大松戸での聖地初勝利に向け、選手と同じように目を輝かせる。指導歴50年。「普通はもう定年。 ・・・

【残り 338文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る