王者日体大柏6連覇 個人戦7階級制す 60キロ級佐藤頂点 レスリング 千葉県高校新人大会

 レスリングの県高校新人大会は21、22日、日体大柏高レスリング場で行われ、日体大柏が男子団体を6連覇した。同校は男子個人8階級のうち7階級を制し、60キロ級の佐藤大夢、71キロ級の伊藤拳将らが頂点に立った。92キロ級は八千代松陰の佐藤秀一郎が優勝した。

 団体戦上位2校と個人戦上位4人は関東高校選抜大会(来年2月6、7日・埼玉県熊谷市)に出場する。

◆「最低限の結果」

 王者の強さは揺るがない。日体大柏は男子の団体戦を6連覇し、個人戦では7階級で優勝者を輩出した。10月に新潟市で開催された全国高校選抜大会を団体優勝して3年生が引退し、新チーム発足から間もない中で貫禄を示した。

< ・・・

【残り 2653文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る