執念発揮、5点差追走 初出場の東京学館 監督「最後までよく攻めた」 秋季関東高校野球大会<第1日>

 敗れはしたが、県大会で繰り返した粘り強さを初出場の舞台でも発揮した。3安打に抑えられていた東京学館は七回に奮起。岡田雅親主将、矢原慶人が連続適時打を放ち、前田大晴が右翼へ大きな犠飛。さらに細越陸が同点2点打で、一気に5点差を追い付いた。

 緊張で序盤に守備が乱れた。試合の入り方と雰囲気づくり。これが ・・・

【残り 287文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る