松戸国際 延長13回制す 秋季千葉県高校野球大会 第4日

木更津総合-松戸国際 延長の末に勝利し歓喜する松戸国際ナイン=千葉県総合SC
木更津総合-松戸国際 延長の末に勝利し歓喜する松戸国際ナイン=千葉県総合SC

 秋季千葉県高校野球大会第4日は28日、千葉県総合スポーツセンター野球場など3会場で3回戦8試合を行い、ベスト8が決まった。

 松戸国際-木更津総合は7-7で延長戦に突入し、十三回に松戸国際が4安打と押し出し四球、スクイズなどで一挙5点を奪って勝利をつかんだ。千葉英和は先発の艫居が七回参考ながら走者を1人も出さない“完全試合”の好投を見せ、佐倉南にコールド勝ちした。

 習志野は在原が8安打を打たれながらも要所を締めて完封。千葉経大付の村田は無四球で、専大松戸の石島は11三振を奪い、それぞれ完封した。

 柏日体は三回に逆転し中央学院に競り勝ち、東海大望洋、市柏は前半にリードし、反撃をしのいで押し切った。

 国体に出場する習志野が勝利したため、準々決勝以降の日程は大幅に変更される。準々決勝は10月7日に県野球場と市原臨海球場で、準決勝は9日、決勝は10日に県野球場で行われる。


  • LINEで送る