2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

専大松戸、八千代松陰ほか4強決まる 8月16日準決勝 2020夏季千葉県高校野球大会

専大松戸―日体大柏 7回表専大松戸無死一、三塁、平田が適時打を放ち笑顔で駆け出す=県総合SC
専大松戸―日体大柏 7回表専大松戸無死一、三塁、平田が適時打を放ち笑顔で駆け出す=県総合SC

 2020夏季県高等学校野球大会第10日は15日、県総合スポーツセンター野球場などで決勝トーナメント1回戦を行い、専大松戸、市船橋、八千代松陰、木更津総合が16日の準決勝へ進んだ。

 八千代松陰は西澤が逆転サヨナラ満塁本塁打を放ち千葉黎明を8―7で破った。サヨナラ満塁本塁打は1984年秋の森下哲也(東海大浦安)、86年春の浮田大輔(沼南)以来。木更津総合は篠木が完封し千葉明徳に3―0で勝利。専大松戸は日体大柏に、市船橋は千葉学芸に快勝した。

 第11日は16日、専大松戸―市船橋、八千代松陰―木更津総合の準決勝を同球場で行う。決勝は18日。


  • LINEで送る