松尾が初優勝 男子団体 ソフトテニス千葉県高校新人大会

男子団体で初優勝した松尾
男子団体で初優勝した松尾

 ソフトテニスの千葉県高校新人大会は県総合スポーツセンター庭球場などで男女の団体と個人を行い、男子団体は松尾が初、女子は植草学園大付が2年ぶり2度目の優勝を飾った。

 男子は団体決勝で第2対戦の吉岡・斉藤組が吉岡の深いボールと配球、斉藤の鋭いスマッシュなどで先勝。同時に行われた第1対戦の久保木・森岡組が第7ゲームの末に接戦を制し、松尾が2-0で木更津総合を下した。個人は石毛・和知組(木更津総合)が頂点に立った。

 女子の団体決勝は第3対戦の第7ゲームまでもつれる熱戦。第1対戦を落とした植草学園大付は第2対戦の飯田・今井組が4-1で勝利し、霜出・勝本組はゲームカウント1-3まで追い詰められたが逆転勝ちした。個人は第1シードの斎藤・浅川組(昭和学院)が制し、1年生ペアとして9年ぶりの優勝を遂げた。


  • LINEで送る