望洋3安打で初戦敗退 第64回秋季関東地区高校野球大会 第2日

 第64回秋季関東地区高校野球大会第2日は30日、山梨県の小瀬スポーツ公園野球場で1回戦3試合を行い、本県の東海大望洋は高崎(群馬)に2-4で逆転負けし初戦敗退した。

 東海大望洋は一回に山村の2点二塁打で先制したが、先発佐藤がつかまり守備の乱れも重なって失点した。打線は3安打に抑え込まれ、二回以降二塁を踏めなかった。他県勢では浦和学院(埼玉)と甲府工(山梨)が準々決勝へ進んだ。

 ▽1回戦(小瀬)

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
高崎 0 0 0 2 1 0 0 1 0 4 10
東海大望洋 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 3

(高)島田-内堀

(東)佐藤、野間-市原

▽二塁打 浅沼、塚越(以上高)山村(東)

 【評】東海大望洋が逆転負け。1回に連続四死球から山村の2点二塁打で先制したが、その後は沈黙。3回に失策と内野ゴロで同点とされ、5回に適時 二塁打で勝ち越しを許した。8回にも守備が乱れて失点した。高崎はコンパクトなスイングで10安打を放ち、先発島田が2失点で完投した。


  • LINEで送る