千葉ジェッツ新社長に29歳の米盛氏 新アリーナ「船橋市を最優先に検討」

  • LINEで送る

千葉ジェッツふなばしの新社長に就任し、あいさつする米盛氏(左)と、社長を退き、新会長に就任した島田氏=船橋市湊町2の新事務所
千葉ジェッツふなばしの新社長に就任し、あいさつする米盛氏(左)と、社長を退き、新会長に就任した島田氏=船橋市湊町2の新事務所

 バスケットボール男子Bリーグ・千葉ジェッツふなばしは21日、船橋市湊町2の新事務所で記者会見し、副社長だった米盛勇哉氏(29)が新社長に就任し、社長だった島田慎二氏(48)が会長に着任したと発表した。社長、会長ともに代表権のある取締役として経営にあたる。

 あいさつした米盛新社長は「ジェッツが進めてきた地域密着の取り組みをさらに進展させる」と述べ、経営理念を維持する方針を示した。また、1万人規模の新アリーナ建設計画には「船橋市を最優先に検討を進めている」とした。

 米盛新社長は慶応大学卒業後、野村証券や香港系の投資ファンド会社を経て今年3月、ジェッツ入社。4月に副社長に就いていた。