平井(商大付)4冠すべて県高校新 商大付リレー全種目制覇 千葉県高校新人水泳

男子200メートルリレーで千葉県高校新をマークし優勝した千葉商大付チーム
男子200メートルリレーで千葉県高校新をマークし優勝した千葉商大付チーム

 水泳の千葉県高校新人大会が24、25の両日、県国際総合水泳場で行われた。男子は8月の世界ジュニア選手権200メートルバタフライで優勝した平井健太(千葉商大付)が200メートル自由形、200メートル個人メドレーとリレー2種目に出場し、すべて県高校新をマークして優勝する快挙を達成した。千葉商大付は女子のリレー2種目も制覇。200メートルメドレーリレーは県高校新、200メートルリレーは大会新を記録した。

 平井は個人2種目でいずれも自己が持つ県高校記録を大きく更新した。50メートル自由形の川崎駿(市船橋)、50メートル平泳ぎの小日向一輝(千葉商大付)山中祥輝(成田)、400メートル個人メドレーの中島武海(市船橋)が大会新で優勝(50メートル平泳ぎは同着)。背泳ぎは石川和樹(県船橋)が50メートル、100メートルの2種目を制した。

 女子は寺村美穂(千葉商大付)がバタフライ2種目とリレー2種目を制し4冠。バタフライ2種目も大会記録を更新した。千葉商大付勢は瀧島公瑠美、篠原春奈も4種目制覇し、県高校新をマークしたメドレーリレーは4種目の優勝者がメンバーにそろった。400メートル自由形の藤井ひかり(市船橋)が大会新をマーク。平泳ぎは土屋綾音(東海大浦安)が2種目制覇した。


  • LINEで送る