幕張総合が初優勝 バスケ・ウインターカップ千葉県予選

市船橋-幕張総合 第2クオーター ガードをかわしながらシュートを決める幕張総合の中島健=県総合SC体育館
市船橋-幕張総合 第2クオーター ガードをかわしながらシュートを決める幕張総合の中島健=県総合SC体育館

 バスケットボールの全国高校選抜優勝大会(ウインターカップ)千葉県予選が24日、千葉県総合スポーツセンター体育館で行われた。男子は幕張総合が初優勝し、女子は昭和学院が4年連続34度目の全国切符を獲得した。

 新人戦、関東予選、県総体の今年度3大会の成績で、男女ともランキング上位4校が出場。男子は幕張総合と市船橋の決勝となり、幕張総合が豊富な運動量と堅固なディフェンスで市船橋に98-68で快勝。特に第3クオーターは20-4と圧倒した。

 女子は昭和学院と千葉英和が対戦。序盤は千葉英和がリードしたが、地力に勝る昭和学院が逆転し、第4クオーターに点差を広げ、85-64で押し切った。

 全国選抜大会は12月23日から東京体育館で開催される。


  • LINEで送る