サッカー代表施設着工 知事らくわ入れ「情報発信拠点に」 幕張海浜公園

  • LINEで送る

日本代表チーム拠点施設の起工式で、くわ入れに臨む日本サッカー協会の田嶋会長(右から3人目)、森田知事(同2人目)、熊谷市長(右)ら=14日、千葉市美浜区
日本代表チーム拠点施設の起工式で、くわ入れに臨む日本サッカー協会の田嶋会長(右から3人目)、森田知事(同2人目)、熊谷市長(右)ら=14日、千葉市美浜区
幕張海浜公園内に整備されるサッカー日本代表チーム施設の全体(JFA提供)
幕張海浜公園内に整備されるサッカー日本代表チーム施設の全体(JFA提供)
クラブハウス棟(同下)の完成イメージ図(JFA提供)
クラブハウス棟(同下)の完成イメージ図(JFA提供)

 日本サッカー協会(JFA)が千葉県立幕張海浜公園(千葉市美浜区)に整備する日本代表チームの練習拠点「(仮称)JFAナショナルフットボールセンター」の起工式が14日、現地で行われた。県の設置許可を受けて4月に始まった準備工事を終え、本体着工に入った。2020年3月に使用開始予定。森田健作知事や千葉市の熊谷俊人市長が、JFAの田嶋幸三会長とくわ入れに臨み、サッカー・スポーツの魅力発信拠点の役割にも期待を寄せた。

 ワールドカップで16強入りし、森保一・新監督で再始動した男子日本代表や、女子日本代表「なでしこジャパン」をはじめ、各年代の強化拠点。指導者や審判の養成施設の役割も担う。

 用意するサッカーコートは天然芝2面と、人工芝2面(うち1面は県サッカー協会が整備)、フットサル用の屋内棟。2階建てのクラブハウスには選手用のジム、医療的ケア室も設ける。工事完了めどは来年末。

 地元向けに練習見学や施設の臨時開放を想定。温浴施設も併設する計画だ。

 起工式で田嶋会長は「ここでサッカーの最新情報を集約、分析し、国内外に発信する。日本代表を核に、地域のスポーツ愛好家らも集う場にしたい」と意欲。

 森田知事は「日本サッカーの最重要拠点」と歓迎し、近くの幕張メッセも会場となる20年東京五輪・パラリンピックと連動したPRに意気込み。熊谷市長も、幅広い人材が集まる意義を強調し「海辺の活性化の起爆剤に」と期待を込めた。