東京学館延長15回制す 秋季千葉県高校野球1次予選第1日

 秋季千葉県高校野球大会の1次予選が21日に開幕し、青葉の森野球場など15会場で1、2回戦37試合が行われた。東京学館がタイブレークとなった延長十五回裏に追田が適時打を放ち、成東に7-6でサヨナラ勝ちした。

 浦安、我孫子二階堂も延長を制して初戦突破。秀明大秀明八千代と柏井は、ともに1点を追う九回裏に2点を奪って逆転サヨナラ勝ちした。佐倉、あずさ第一は完封で接戦を制した。

 千葉商大付は3-1で今夏の西千葉大会を準優勝した東京学館浦安に勝利。佐倉南は10-7で西千葉8強の八千代との打撃戦を制した。千葉黎明、銚子商、千葉経大付、市船橋、専大松戸などはコールド発進した。

 長狭-九十九里は九十九里が棄権したため、長狭の不戦勝となった。

 第2日は22日、船橋市民球場など11会場で1、2回戦25試合が行われる。

◆第1地区

 ▽1回戦(青葉の森)

若 松
100000─1
310124x─11
検見川(六回規定によりコールド)
(若)小林、泰井、白金-篠本
(検)松浦、安川-小見山
▽三塁 ・・・

【残り 4134文字】



  • LINEで送る