高校野球応援曲を演奏 100回記念大会控え 習志野など6校 メッセ

  • LINEで送る

約6千人の観客の前で応援曲を披露する習志野高校=24日、千葉市美浜区の幕張メッセ

 第100回全国高校野球選手権記念大会を控え、試合を盛り上げる応援曲の演奏会「野球応援コンサートEXPO」が24日、千葉市美浜区の幕張メッセで開かれた。習志野高校(習志野市)や拓殖大学紅陵高校(木更津市)、大阪桐蔭高校(大阪)など東西6校の吹奏楽部が初めて一堂に会し、人気曲を演奏した。

 野球でも吹奏楽でも強豪として知られる6校は「サウスポー」や「ルパンIII世のテーマ」といった応援曲を披露。応援団によるエールや、振り付けを交えたパフォーマンスで観客約6千人を魅了した。

 拓大紅陵高吹奏楽部は「チャンス紅陵」「燃えろ紅陵」など約20曲を演奏。同部の3年生、相原美咲さん(17)は「観客がたくさんいて圧倒されたが、楽しめた。紅陵に甲子園に行ってもらうために、応援を頑張りたい」と話した。

 このほか、東海大学付属相模高校(神奈川)、愛知工業大学名電高校(愛知)、作新学院高校(栃木)の吹奏楽部が参加。演奏の合間には掛布雅之さん(習志野高出身)ら各高校出身者のビデオメッセージが流れ、会場を沸かせた。